ポケット型補聴器について

昔々は弁当箱の大きさだった補聴器が、
スポッとポケットに入る大きさになりました。

ポケット型補聴器といいます。
この補聴器の長所は、操作が簡単!

コードの先に耳栓がついていて、
それを耳に装着し、スイッチを入れるだけ。

補聴器は一般的に、
耳につけてから操作をしますが、

耳元の見えないところを触るって難しい。
でもポケット型は手元で見ながら電源ON。

それぞれのスイッチも大きく、
ボリュームで音の大小が出来るので、

軽度の方から、高度難聴、重度難聴の方まで
お使いいただけます。

コードの長さは数種類あり、
片耳で聞くのが標準ですが、両耳用もあります。

短所は、
そのコードが引っ掛かりやすいこと。

ですが、乾電池を使うので
長寿命という利点もあって、

災害時や修理の時のために、
ひとつお持ちのお客様も多いです。

写真のタイプはリーズナブルで45000円。
日本製で1年の保証期間があります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日の1枚「手作りのカバーで」

首から引っかける布のカバーが、
ポケット型補聴器には付いていますが、
「汗っかきやから、防水を考えて作ったの~」
と傘のカバーで作って見せてくださいました。
すごーい!

★「聞こえの相談室」ブログをご覧いただき
    ありがとうございます。
毎週、金曜日に更新をしています。

★Instagram
★Facebookページ 
こちらはほぼ毎日更新しております。

フォローしていただけると、
大変励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA