補聴器は両耳につけるの?片耳でいいの?

耳鼻科で診察をして、
さあ、補聴器をつけましょう~となった時に、

どちらの耳につければいいのでしょうか?
先生のほうで、ご指示がございますが、

普通の会話音が聞こえているようなら、
聞こえの悪い方を補聴器で補います。

が、
基本的に補聴器は両耳につけます。

たとえば目の場合でしたら、
「右目の景色」と「左目の景色」の微妙な誤差で、

景色が立体的に見え、
奥行きの感覚がわかります。

同じように、
「右耳から入る音」と「左耳から入る音」で、

どこから聞こえているのか方向がわかり、
音が立体的に聞こえます。

また、片耳で聞くより、
音を大きく感じ取れます。

特に補聴器は両耳につけることで、
聞きたい音と雑音の区別がしやすく、

片耳で聞くよりも、
耳への負担も少なくなります。

つまり、補聴器は両耳につけることで、
効果が出やすいのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日の1枚「めろんづくし」

明日香のことだまへ行きました。
メロンのパンケーキでしょ、
メロンパフェでしょ、
メロンパッピンスでしょ、
若干1名、コロコロ落としました。

★「聞こえの相談室」ブログをご覧いただき
    ありがとうございます。
毎週、金曜日に更新をしています。

★Instagram
★Facebookページ 
こちらはほぼ毎日更新しております。

フォローしていただけると、
大変励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA